ホッケー

ホッケー(フィールドホッケー)の試合中の様子

ホッケー: hockey)は、チームで行われるスポーツ競技のひとつ。2つのチームに分かれて、先の曲がった棒(スティック)でボールまたはパックを誘導し、それを相手チームが守備しているゴールへ入れるのが目的。 一般的にホッケーと言えばフィールドホッケーを指す。漢字では杖球と表記される。

フィールドホッケー

詳細は「フィールドホッケー」を参照

芝のフィールド上で行うホッケー。他と区別するためフィールドホッケー、グラスホッケーと呼ばれることもある。主にインドやパキスタン、アフリカ諸国、オーストラリアなど、旧大英帝国領で盛んなスポーツ。また、オランダも強豪国の一つ。カナダやアメリカではフィールドホッケーはあまり一般的ではなくホッケーと言えばアイスホッケーを指す。

6人制ホッケー

詳細は「6人制ホッケー」を参照

フィールドホッケーは11人制だが、コートを3分の1~4分の1の大きさにして1チーム6人で行うフィールドホッケー。日本における主なプレイ層は小中学生である。

インドアホッケー

詳細は「インドアホッケー」を参照

室内で行うフィールドホッケー。2005年のIOC後援ワールドゲームズデュースブルク大会から公開競技として実施されている。

その他のホッケー

アイスホッケー

詳細は「アイスホッケー」を参照

アイスリンク上でスケート靴を履いて行うホッケーのこと。気候の寒冷な地域で盛んなスポーツ。

スノーホッケー

詳細は「スノーホッケー」を参照

雪上でレッツと呼ばれるミニスキーを履いて行うホッケーのこと。北海道で発祥したスポーツ。

ローラーホッケー

詳細は「ローラーホッケー」を参照

ローラースケートを履いて行うホッケー。

インラインホッケー

インラインスケートを履いて行うホッケー。ローラーホッケー系とアイスホッケー系の2種類がある。前者は「インラインローラーホッケー」とも呼ばれ2005年IOC後援ワールドゲームズデュースブルク大会から正式種目となった。

フロアホッケー

木製のフローリングをコートとして競技を行う。スペシャルオリンピックスオリジナルの競技として出発しており、徐々に一般層に浸透してきている。発祥の地はカナダである。アイスホッケーとリンゲッティー(Ringette)という二つのスポーツがもととされ、アイスリンクのできない地域でもできるようにとスペシャルオリンピックスがルールを独自に考案して生まれた。冬季の公式スポーツ競技である。 2005年2月に長野で開催された2005年スペシャルオリピックス冬季世界大会では大会競技中最大の49の国と地域、800人を越えるアスリートが参加した。

エアホッケー

詳細は「エアホッケー」を参照

フィールドの表面に空気を送るための穴が多数穿たれており、浮き上がらせ抵抗が少なくなっているパックを打ち合う。東京フレンドパークIIの「ハイパーホッケー」で有名となり、[要出典]ゲームセンターに置かれていることが多い。

関連項目

ウィキメディア・コモンズには、ホッケーに関連するカテゴリがあります。
陸上競技
競走
跳躍競技
投てき競技
混成競技
水泳
体操
ダンススポーツ
格闘技武道
射的
球技
フットボール
ハンドボール
ホッケー
バスケットボール
ラケットスポーツ
バレーボール
その他
ウィンタースポーツ
雪氷滑走競技
スキー
スノーボード
スケート
そり競技
自転車競技
モータースポーツ
アウトドアスポーツ
ウォータースポーツ
スカイスポーツ
雪上スポーツ
ローラースポーツ
アニマルスポーツ
混合スポーツ
マインドスポーツ
その他
  • 一覧記事一覧
  • カテゴリカテゴリ
  • ポータルポータル:スポーツ
フットボール
グリッド系
ハイブリッド系
歴史的ルール
ラグビー系
ハンド系
バスケット系
バットを
使う球技
スティックを
使う球技
ホッケー系
ネット越え系
その他
コートあり
ゴール入れ
フットボール
サッカー
アメフト
ラグビーフットボール
ハンドボール
バスケット
複合
  • クロナム
スティック
アンドボール
ホッケー
ポロ
ネット越え
バレーボール型
ラケットスポーツ
人当て
コートなし
バットアンドボール
ゴルフ型
補遺
典拠管理 ウィキデータを編集
  • BNE: XX543226
  • NARA: 10646681
  • NDL: 00563372