ペドロ3世 (ポルトガル王)

ペドロ3世
Pedro III
ポルトガル王国
ポルトガルおよびアルガルヴェ国王
(妻の権利により)
Retrato de D. Pedro III.jpg
ペドロ3世(ミゲル・アントニオ・ド・アマラル画、1777年)
在位 1777年2月24日 - 1786年5月25日

全名 Pedro Clemente Francisco José António
ペドロ・クレメンテ・フランシスコ・ジョゼ・アントニオ
出生 (1717-07-05) 1717年7月5日
Flag Portugal (1707).svg ポルトガル王国リスボン、リベイラ宮殿
死去 (1786-05-25) 1786年5月25日(68歳没)
Flag Portugal (1707).svg ポルトガル王国リスボン、ケルース
埋葬 Flag Portugal (1707).svg ポルトガル王国リスボンサン・ヴィセンテ・デ・フォーラ修道院、ブラガンサ王家霊廟
配偶者 マリア1世
子女
一覧参照
王朝 ブラガンサ王朝
父親 ジョアン5世
母親 マリア・アナ
宗教 キリスト教カトリック教会
テンプレートを表示

ペドロ3世ポルトガル語: Pedro III, 1717年7月5日 - 1786年5月25日)は、ポルトガル女王マリア1世(敬虔王)の王配で、共同統治王(在位:1777年 - 1786年)。先王ジョゼ1世の弟。

生涯

ジョアン5世(寛大王)とその王妃であった神聖ローマ皇帝レオポルト1世の皇女マリア・アナの四男として生まれる。1760年王太女であった姪のマリアと結婚した。1777年にマリアが即位すると、その王配として共同統治王になった。マリア1世との間にジョゼ(王太子であったが即位前に薨去)、ジョアン(夭逝)、マリア・クレメンティナ(夭逝)、マリア・イサベル、ジョアン(後のジョアン6世)、マリア・アナ・ヴィトリア(スペイン王子ガブリエル妃)をもうけた。

ペドロ3世は政治に興味を持たず、もっぱら狩りや宗教的儀式に時間を費やした。

マリア1世とペドロ3世

脚注

[脚注の使い方]

参考文献

ボルゴーニャ家

アフォンソ1世1139-1185 / サンシュ1世1185-1211 / アフォンソ2世1211-1223 / サンシュ2世1223-1248 / アフォンソ3世1248-1279 / ディニス1世1279-1325 / アフォンソ4世1325-1357 / ペドロ1世1357-1367 / フェルナンド1世1367-1383 / ベアトリス(異説あり)1383-1385

アヴィス家

ジョアン1世1385-1433 / ドゥアルテ1世1433-1438 / アフォンソ5世1438-1481 / ジョアン2世1481-1495

アヴィス=ベージャ家

マヌエル1世1495-1521 / ジョアン3世1521-1557 / セバスティアン1世1557-1578 / エンリケ1世1578-1580

アブスブルゴ家

フィリペ1世1580-1598 / フィリペ2世1598-1621 / フィリペ3世1621-1640

ブラガンサ家

ジョアン4世1640-1656 / アフォンソ6世1656-1683 / ペドロ2世1683-1706 / ジョアン5世1706-1750 / ジョゼ1世1750-1777 / マリア1世1777-1816 / ペドロ3世(共同王)1777-1786 / ジョアン6世1816-1826 / ペドロ4世1826 / マリア2世1826-1828 / ミゲル1世1828-1834 / マリア2世1834-1853 / フェルナンド2世(共同王)1837-1853

ブラガンサ=コブルゴ家

ペドロ5世1853-1861 / ルイス1世1861-1889 / カルロス1世1889-1908 / ルイス・フィリペ(異説あり)1908 / マヌエル2世1908-1910

執筆の途中です この項目は、ポルトガルに関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(Portal:ヨーロッパ)。
執筆の途中です この項目は、歴史に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:歴史/P:歴史学/PJ歴史)。
典拠管理 ウィキデータを編集
  • DTBIO: 132374773
  • FAST: 135702
  • GND: 132374773
  • ISNI: 0000 0000 5490 6263
  • LCCN: n84073702
  • RISM: pe30109169
  • VIAF: 50386032
  • WorldCat Identities: lccn-n84073702