ダディー・ヤンキー

ダディー・ヤンキー
Daddy Yankee
Daddy Yankee - The Kingdom (Official Q & A).png
Daddy Yankee 2015年
生誕Ramón Luis Ayala Rodríguez[1]
(1977-02-03) 1977年2月3日(45歳)[2]
ラモン・ルイス・アヤラ・ロドリゲス
プエルトリコの旗 プエルトリコ サンフアン
国籍アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業
  • 歌手
  • ソングライター
  • ラッパー
  • 俳優
  • 音楽プロデューサー
活動期間1990年 - 2022年(予定)[2]
配偶者
Mireddys González (m. 1995)
子供3人
公式サイトdaddyyankee.com
音楽家経歴
ジャンル
担当楽器 ヴォーカル
レーベル
  • Dream Team Killer
  • El Cartel
  • Machete
  • Universal
  • Interscope Geffen A&M
  • Capitol Latin
共同作業者
署名
Firmadeyankee.png

ダディー・ヤンキーDaddy Yankee、本名: ラモン・ルイス・アヤラ・ロドリゲス、1977年2月3日 - )は、プエルトリコのサンフアン出身のアーティストである[1]

略歴

ライブでのDaddy Yankee(2006年)

2004年にシングル「Gasolina」がスペイン語曲というハンデを押しのけて全米でヒット(米32位)、この曲を収録したアルバム『Barrio Fino』はミリオンセラーとなる。N.O.R.E.の「Oye Mi Canto」(ダディー・ヤンキーもフィーチャリング参加)と共に全米でレゲトンブームが巻き起こる原動力となった[3]2005年に入ると日本やヨーロッパなどの非ラテン圏も含め国際的にヒットする[4]

2006年春にはリーボックからシグニチャーモデルのスニーカーが発売されている。またこの年にリリースされたシングル「Rompe」(米24位)もヒットした[4]2007年のアルバム『El Cartel: The Big Boss』は全米アルバムチャートで初のTop10入り(9位)も達成している[5]

2005年8月にはMTV Video Music Awardsで同じくレゲトンを代表するアーティストのテゴ・カルデロンドン・オマールと初共演を果たした[6]

ディスコグラフィー

詳細は英語版「en:Daddy Yankee discography」を参照

スタジオアルバム

  • 1995年: No Mercy
  • 2002年: El Cangri.com
  • 2003年: Los Homerun-es de Yankee
  • 2004年: Barrio Fino
  • 2006年: Salsaton "Salsa Con Reggaetón" (Salsatón: Salsa con reggaetón)
  • 2007年: El Cartel: The Big Boss
  • 2010年: Mundial
  • 2012年: Prestige
  • 2022年: Legendaddy

ミックステープ

  • 1997年: El Cartel de Yankee
  • 2001年: El Cartel II: Los Cangris
  • 2008年: Talento de Barrio
  • 2013年: King Daddy

フィルモグラフィ

詳細は英語版「en:Daddy Yankee#Filmography」を参照

受賞歴

詳細は英語版「en:List of awards and nominations received by Daddy Yankee」を参照

その他

NPB野球選手では、埼玉西武ライオンズ所属のエルネスト・メヒアベネズエラ出身)が登場テーマ曲として『Gasolina』を使用している。また、マーク・クルーン横浜ベイスターズに在籍していた2005年に登場テーマ曲に同曲を使用していた。この他に元中日ドラゴンズのルイス・マルティネス(ドミニカ共和国出身)や元北海道日本ハムファイターズホセ・マシーアスパナマ共和国出身)等、ラテンアメリカ出身の選手の登場テーマ曲として人気があった。この他に総合格闘家山本"KID"徳郁も2005年頃に登場テーマ曲に『Gasolina』を使用していた。2009年2010年オープン戦では千葉ロッテマリーンズ井口資仁が登場テーマ曲に『Impacto』を使用していた。

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ a b “The Boss is Back: Daddy Yankee Returns to his Roots”. LatinRapper.com (2007年5月22日). 2017年8月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月19日閲覧。
  2. ^ a b “Daddy Yankee | Biography, Albums, Streaming Links” (英語). AllMusic. 2020年4月29日閲覧。
  3. ^ Ilich, Tijana. “Biography of Reggaeton's Daddy Yankee” (英語). LiveAbout. 2020年11月30日閲覧。
  4. ^ a b “Daddy Yankee”. Billboard. 2020年11月30日閲覧。
  5. ^ “Daddy Yankee”. Billboard. 2020年11月30日閲覧。
  6. ^ Univision. “Música” (spanish). Univision. 2020年11月30日閲覧。

関連項目

外部リンク

ウィキメディア・コモンズには、ダディー・ヤンキーに関連するカテゴリがあります。
  • Official site
  • News blog
  • ダディー・ヤンキー ユニバーサル ミュージック公式サイト
  • ダディー・ヤンキー - IMDb(英語)
執筆の途中です この項目は、歌手に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:音楽/PJ芸能人)。
典拠管理 ウィキデータを編集
  • BNE: XX4443684
  • BNF: cb14614311d (データ)
  • FAST: 1607177
  • GND: 135414822
  • ISNI: 0000 0003 6846 9772, 0000 0000 7844 0330
  • LCCN: n2005016574
  • MBA: 2f522f5c-111c-4ce8-8bd0-d82e97c227ad
  • NKC: xx0044521
  • NTA: 292986467
  • SUDOC: 087886723
  • VIAF: 17476243
  • WorldCat Identities: lccn-n2005016574